CB400Fはパーツをも作らせる存在

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載の
オートバイでした。

他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で
「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも
話題になりました。

 そして、CB400Fの後退したステップと低いハンドルが
カフェレーサーのスタイルそのものとして絶大な人気を
誇っていましたね。

 今では、走り屋系のバイクでは50ccから大型バイクまで
浸透している「バックステップ」というパーツがあります。

 このパーツは、純正のステップの位置を、少し後ろに
後退させるアダプターのことを言いますが、このバックステップが
作られるようになったのはCB400Fがきっかけとも
言われています。

 バックステップはバイクでコーナーを攻めた時、
バイクを出来るだけ横に倒して遠心力と戦いますよね。

その際に、バックステップが威力を発揮します!
位置が少し上になり、後ろの方になるので体全身を使って
体重移動がしやすく、ステップが地面に接触してしまう限界点を
高くしてくれます。

これがCB400Fは純正となっていました。
 走り屋の方々にはいいこと尽くめなのです!

 それから各メーカーやチューニングパーツメーカーでも
バックステップというパーツを意識しここまでに至ったという事です。

 CB400Fはパーツを作らせてしまうほどに、
バイク業界全体に影響を与えるほどの存在感だったのですね。

CB400Fと流用・社外パーツの組み合わせで無限の可能性

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載の
オートバイでした。

他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で
「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも
話題になりました。

 現在でもCB400Fのカスタムとしての
カフェレーサースタイルはとても人気で、支持するライダーも
少なくありません。

 発売当時のバイク雑誌の記事だと必ずと言っていいほど
CB400Fはカフェレーサースタイルという単語が出ていました。

 記者たちもCB400Fのフォルムにカフェレーサーの
流れを汲んでいるという評価を下したのでした。

 そんなわけでCB400Fをカスタムする際のパーツとしては
カフェレーサーテイストのパーツが選ばれることが多いです。

 ロングガソリンタンク、シングルシート、もしくはギリギリタンデム
可能なぐらいのショートシート、シートカウルなどの空気抵抗を
考えたレーシーなパーツです。

 純正だけではなく社外からのバイクのパーツは他の車種からの
流用のパーツなどもありました。

 CB400Fと同系統の車種の足回りのパーツを
使ったりすることもあります。

 そのパーツパーツの組み合わせはまさに星の数ほどになり、
カスタムを手がけた人の数だけオンリーワンのCB400F
出来上がることでしょう。

パーツによって変わるCB400Fのこだわり

CB400Fのベストコンディションを保つためには様々な
パーツが必要です!

また一つ一つのパーツもメーカーによっても違います。

CB400Fのオーナーの方だと、まず最初に、
マフラー交換をされる方が一番多いと思います。

やはり、あの走り出したときの音に、そのこだわりを
持っている方がたくさんいらっしゃいますからね。

また、CB400Fにもマフラーには色々な種類がありますが、
ヨシムラの手曲げのマフラーが有名ですよね。

その次には、有名モリワキマフラーではないでしょうか?

他にもCB400Fのオーナー以外でも集合マフラーに
対する憧れは特に強く、ホンダで言えばCB系、カワサキで
言えばZ系のバイクを乗られていた方の間では、
ヨシムラやモリワキの集合サウンドを響かせて飛ばすのが一種の
ステータスと言っても過言ではありませんでしたよね。

2サイクルのGTやマッハ用のパーツのチャンバーマフラーに
”集合チャンバー”までが存在したほどですから、
CB400Fマニアの、集合マフラーへの憧れと熱気が
ひしひしと感じられますね。

ただ、当時はバイクを改造するのが違法とされ、
マフラーなどを社外パーツと取り換える走り屋の方々は
暴走族だとまで言われていました。

現在ではパーツを付け替えるのが当たり前の世の中に
なっていますから幸せですね!

CB400Fのエンジンパーツ、コンプリートエンジンが存在する!

30年以上も人々を魅了し続ける、HONDAの名車
CB400F(ヨンフォア)」。

CB400F(ヨンフォア)を手に入れたら、
もちろん見た目も大事ですが、コンディションも
常にベストを保ってほしいものです。

そこで、ボディーのパーツやサスペンションパーツなど
いくつかあるパーツの中から、エンジンパーツのコンプリートエンジンに
ついて紹介します。

まず、コンプリートエンジンとは・・・
ショップが思い入れのある車種等のエンジンを、ボアアップ、
ハイカム加工、面研、点火時期の変更などによって、
パワーを上げたエンジンです。

ショップによって好みも異なる為、仕様などが統一されておらず、
パーツの中でもオリジナリティがでるのも特徴の一つです。

例外もありますが、オーバーホールも兼ねて行うのが一般的です。

ちなみに日本ではCB400F(ヨンフォア)のエンジンコンプリートは
未設定ですがアメリカやイギリスではCB400F(ヨンフォア)の
エンジンコンプリートも存在していて、価格は当時昭和59年の価格で
1100ドル程度だったそうです。

 しかし、昭和61年にバイクの輸入を試みたそうですが、
すでに在庫無し!とても希少価値の高いパーツですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。