CB400F(ヨンフォア)の魅力

発売当初の408ccの排気量を持つCB400F
ヨンフォア)、発売翌年に免許法改正に対応し
398ccとした国内向け専用追加モデルCB400F−T(F−T)、
およびそのアップハンドルモデルFOUR(F−U)、
3機種のCB400F(ヨンフォア)があります。

 サイドカバーの色の違いやタンクカラー。

CB400F(ヨンフォア)は赤と青、F−T・F−Uは赤と黄などに
その相違はあるものの、集合マフラーとカフェレーサースタイルは
まさにCB400F(ヨンフォア)の証です。

 CB400F(ヨンフォア)はやっぱりただの
フルフェイスではなくカフェレーサースタイルですよね!

ちなみにCB400F(ヨンフォア)でも人気なのが赤のヨンフォア。

 クロームメッキのエンジンと集合マフラー(当時はヨシムラの
黒手曲げ直管を入れるのが大流行した。)当然ホンダCB400Fは
今でも中古車市場でものすごく高い・・・。

 ただ、408ccのCB400F(ヨンフォア)の方が格段に安いし、
逆輸入のCB400F(ヨンフォア)が殆どで、デザインは
同じの輸出専用CB550Fというものもあります。

 1997年には、その名をそのまま引き継いだバイク
(水冷エンジンではあるが)ホンダ・CB400F(ヨンフォア)が
登場するが、クロームメッキの4本出しマフラー、大柄なタンク形状と、
シルエットはCB400F(ヨンフォア)ではなくCB750FOURに
近いのです。

ヨンフォアの空冷インラインフォーの排気音は、30年以上経った
今でも新鮮な感動を与え、道でCB400F(ヨンフォア)を
見かける度に、キャッチフレーズ「おお400。お前は風だ。」と
思い出すのです。

漫画の世界のCB400F(ヨンフォア)

もはやホンダ乗りの定番の憧れと言えば、伝説の名車CB400F
ヨンフォア)。

400のドリームマシーンとして、1974年にデビューしました。

「おお400。お前は風だ。」のカタログキャッチコピーが
今でもCB400F(ヨンフォア)と聞くと思い起こされます。

その人気さゆえ数々の漫画にも登場してきてますが、
中でも「特攻の拓」に登場したのが記憶に新しいです。

1991年〜1997年にかけて少年マガジンに
掲載されていました。

内容は暴走族の世界を描いており、主人公は浅川拓という、
じめられっこの少年がひょんなことから、その暴走族の世界に
入っていくストーリーです。

喧嘩シーンも数多いですが、次に暴走族それぞれのバイクも登場します。
主人公が乗っているのはCB400F(ヨンフォア)ではないのですが・・・
親友の鮎川真里(通称:マー坊)が乗っているバイクが真紅の
CB400F(ヨンフォア)なのです。

こうしたCB400F(ヨンフォア)の漫画の世界での活躍も、
CB400F(ヨンフォア)に少年達を引き付ける大きな要因と
なったでしょう。

福山雅治も乗ってるCB400F(ヨンフォア)

1974〜1977年に生産され、今なお人気の高いCB400F
通称ヨンフォア。実はそのCB400F(ヨンフォア)に
あの超有名人の福山雅治も乗っているんです!

福山雅治といえば、桜坂など数多くのヒット曲を生み出した
シンガーソングライターでもあり、俳優としても活躍しているが、
ファンの中では桑田佳祐と並んで「下ネタの帝王」と呼ばれる
意外な一面もあります。

 そんな福山雅治は、実は大のバイク好きとしても有名で、
福山エンヂニアリングという番組内でCB400F(ヨンフォア)を
購入し、テリー伊藤や、伊藤英明と一緒にツーリングに行くなどして
「鉄の馬」といわれるオートバイに乗るクレイジーな男という意味の
、「crazy horse」というバイクチームも作っているのです。

ちなみに福山雅治の乗っているCB400F(ヨンフォア)とは
全長2,050、全幅705、全高1,040、空冷4サイクルOHC 4気筒、
408(398)ccです。

そして福山雅治はこのCB400F(ヨンフォア)を買った後、
さらにバイクへの熱が高まり大型の免許を取ったそうです。

CB400F(ヨンフォア)は芸能人までをも魅了するのですね。

CB400F(ヨンフォア)の足回り

足回りとは、バイクのタイヤ、ホイールやブレーキ、サスペンションなどの
地面に近いパーツ部位の総称をいいます。

やはりこの足回りは、事故やトラブルに繋がる原因と言っても
過言ではありません。

特に、CB400Fヨンフォア)の
よう絶版の旧車を中古で購入したり、はたまた長い間所有していると、
金属部品のくすみやサビに悩まされる事が多いのです。

フレームなどは、塗装をすれば済む箇所なら良いのですが、
CB400F(ヨンフォア)のレストアなどで困るのが、
タイヤ、スポークやホイールなんですね。

バイクのタイヤなどは何もせず使用し続けると
走行中にふら付いたりもしますし、
白線などの上でハンドルを取られやすくなったら要注意です!

その他の足回りのサビは最初に目が行きやすい場所なので、
特にピカピカにしていたい場所なのですが、1回食い込んだ
錆びはなかなか取れにくく、取れてもあとが残ったりします。

CB400F(ヨンフォア)などの旧車はココだけは
交換してでも綺麗にしたい所です。

こう言ったCB400F(ヨンフォア)の足回りのパーツは
最近では、ネットオークションや、バイク用品通販などでも
探せますので、簡単に手にいれることもできます。

ついでにCB400F(ヨンフォア)をカスタムペイントや
メッキ加工したりしてカスタムしてみるのも楽しいかもしれません。

CB400F(ヨンフォア)のお手入れ方法

お気に入りのCB400Fヨンフォア)を
レストアするとき、パーツを純正にこだわってる人も多いですが、
CB400F(ヨンフォア)のように年数がたっていると、
テールランプやウインカーレンズなど目立った傷や皹はなくても
表面がざらつき、艶がなくなっている場合があります。

 もちろん新品に交換したい!それが本音ですが、
テールランプやウインカーレンズなどは簡単なお手入れで
綺麗になるんです。

 使用するものはバイク用品通販などを行っているデイトナが
販売している『スクリーンクリーナー』と『スクリーンポリッシュ』です。

 ちなみにCB400F(ヨンフォア)以外にも使えます。

 使い方は、まず『スクリーンクリーナー』で最初に
大き目の傷も目立たなくなるくらい磨きます。

 次に『スクリーンポリッシュ』で最後の仕上げを行います。
これで、かなり見違えるほどツヤツヤになります。

その際注意するのは『スクリーンクリーナー』と
『スクリーンポリッシュ』で磨く時に使うウエスを
柔らかいものを使うと言う事です。

 当然ですが硬すぎるものは、逆にCB400F(ヨンフォア)に
細かい擦り傷を付けてしまいますので注意しましょう!

カフェレーサーと言えばCB400F(ヨンフォア)

CB400Fヨンフォア)を
研究していると、カフェレーサーという言葉にたどり着きます。

カフェレーサー・・・それはオートバイのカスタム思想の一つで、
日本では1970年代から1980年代にかけて大流行しました。

その定義として、イギリスのロッカーズが行きつけのカフェで、
自分のカスタムバイクを自慢し、公道でレースをするという
「速く、カッコ良く」のカスタムというものがあります。

カフェレーサーの種車として草創期にCB400F(ヨンフォア)
用いることが一般的でした。

当時はバイクを改造することは法で一切禁じられていたため、
元からカフェレーサーの形をしたバイクは圧倒的な人気を誇りました。

なので、CB400F(ヨンフォア)ほど、このカフェレーサーという
表現が似合うバイクのモーターサイクルも今では少ないのではないでしょうか?

エンジン・フレームなどの基本部分はCB350F を
踏襲しているにもかかわらず、デザインの変更のみで
素晴らしく生まれ変わった、

それドリームCB400F(ヨンフォア)です。ノーマルのままより、
CB400F(ヨンフォア)をベースにカスタマイジングを
楽しんでるマニアも多く、しかもその大半がルックスと走りを
バランスさせた粋なストリートカフェに仕上げているようです。

また最近ではバイクの既製モデルなどを購入しパーツ交換で済ます手法が
一般的となりましたね。

CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ドリームシービー400フォア)は
1974年12月3日に本田技研工業により発売さました。

 通称「ヨンフォア」と呼ばれていて、
CB350F走力性能がイマイチの為に、改良されて出てきたのが、
このCB400F(ヨンフォア)です!

 しかし発売された翌年の1975年に、免許制度の改正で
自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、エンジンの排気量が
400cc以上のバイクは、中型二輪では乗れず大型免許が必要に
なった為、急遽398ccが生産されました。

 つまり型式としては408ccのCB400Fと、
398ccリーズのCB400F−T、CB400F−Uが存在しますが、
4気筒シリーズ唯一の2輪車として人気がありました。

 発売当時、CB400F(ヨンフォア)は「お前は風だ!」と
いうキャッチコピーで発売されましたが、暴走族を連想させる、
という指摘を受け、後に「お前が好きだ!」という所有感を
イメージさせるキャッチコピーに変更されたそうです。

 CB400F(ヨンフォア)は30年以上たった今でも
ファンを魅了していて、現在その価格はプレミアがついてるものもあり、
車体の程度によっては100万以上の値段がついているものもあり、
408ccと398ccとでは408ccの方が格段に安いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。