cb400f レストアにも愛情込めて・・・

以前、バイクの修理工の方にcb400f
関するお話を伺ったことがあります。

cb400fほどの人気の絶版車になると、レストア依頼してくる時点で、
かなり痛んでいるのだろうなぁと覚悟して受けるのだそうです。

頭の中で、レストアの作業をあれこれ段取りしながら、
あまりにひどかったらかなり手間だぞ。

とつい気負うこともあるそうです。それなのに、
依頼を受けてみると、時として、びっくりするくらい大切に
のっているキレイなcb400fに出会うことが
あるのだそうです。

そういうcb400fだと、普通に乗っている比較的あたらしめの
バイクより、数段、整備ランクも上だし、見た目も
きれいなのだそうです。

よほど良いコンディションで保管してきたか、幾度も綺麗に
レストアされてきたか、みていて、相当大事にのってきている
持ち主の心が伝わってくるそうです。

大事に乗られてきたものは、レストアも心を込めて、
大事に、よりキレイに仕上げてあげたい・・・
これは修理をする側にとってとてもやりがいのある瞬間だと
いいます。

よりキレイに仕上げようと思ってもらえるcb400fって、
なんか、すごいですよね。

たかがバイクではない、大事な宝物に接するような感覚になるようです。

cb400f オールレストアで大事に乗る!

cb400fといえば発売当時、
それまでのインラインフォーの常識であった、
4本マフラーを採用せず、なんと4in1という、
ヨシムラなどに代表される集合マフラーを装着して登場しました。

cb400fの発売は、自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、
400CC以上のバイクは、大型免許が必要になったんですよね。

それで、cb400fは、免許制度の関係でそれほど
販売されなかったみたいですす。

cb400fくらい古い絶版車になると、レストア時の
パーツが心配になりますが、ホンダの場合は、古くても受注生産で
手に入るパーツもありますし、それ以外にも純正以外で
揃うパーツは多いのには驚かされました。

cb400fは、メッキなどを施した金属パーツが多いので、
かなり磨きがいがあります。

バイクに磨きをかけて乗る楽しみは、手のかかるこどもを可愛がるのと
ほとんど同じな気がしますね。

一見してキレイなものでも、レストアしないで乗れることは
まずほとんどありませんよね。

逆にオールレストアで乗っている人も多いのではないでしょうか。
いつまでも大事に乗り続けたいcb400fですね!

cb400f 古いものほどレストアしがいがあります!

オークションで、写真を見ただけでほしくなったcb400f

オークションサイトの写真では、そこそこノーマル状態に見え、
質問コーナーでもメンテナンス状態は良さそうに書いてあったので、
入札することに・・・。
しかし、家に届けられたとき、唖然としました。
きちんとレストアされていない!
適当にスプレーで再塗装してあり、市販の汎用ボルト、
部品欠品等、かなりひどいレストア。

気を取り直して、レストアのやり直しすることにしました。

まずはタンク。黄色タンクの上に適当な赤がペイントしてあり、
右上は凹みがあって、塗装が適当になされていました。

とりあえず、サイドカバーの仕様に合わせて'77年式のこのタンクに交換。
中古で購入しタンク内はKreem Tank ライナーで錆び取りコーティング後
交換することに・・・。

フレームナンバーでは'75年式だから、外したタンクとサイドカバーを
再塗装して大丈夫かと思います。

バイクの逆輸入のものが多いので、日本の仕様に鳴っていない部分も多く、
この先、色々なレストアしていかないと走れません。

でも、好きなものにお金と時間を使えるのはとても充実しています。
可愛い子に着飾らせる気分!やっぱりcb400fっていいですね!

cb400f レストアできる人、できない人

cb400fを購入するとき、
25年もたっている古いものなので、
程度良いが高いcb400fを買うか、
程度は悪いが安いcb400fを買うか・・・。
悩む人も多いと思います。

ここは個々の価値観で大きく変わるところでもあります。

レストアする事が出来る方なら、
結果的には同じだと思いますが、本当に人それぞれの
価値観で変わってくるポイントなので、
なんともいえないところです。

程度は良いが高い場合は、問題が発生した時に、
クレームを言えるというメリットがありますよね。

レストアしなくてもそのまま走れるし、レストアできない人
は高いけれど、しっかりとしたものを選ぶほうが
いいというのは間違いありませんね。

程度は悪いが安い場合は、自分でレストアしていく事になるので、
レストア済みを手に入れるより愛着度がわくことは確かです。

改造が目標なら、好きな部品を買えるし、レストアそのものを
楽しむこともできる。好きなものをいじくる楽しみってありますよね〜。

そのぶん、デメリットも覚悟しなければならないでしょう。
クレームにも限界がある。
やはり25年以上経っているバイク、選ぶだけでもある程度の
知識を要する物だと思います。

必ずエンジンをかけてみて、エンジンの状態を見ましょう。
やはりこれは必ずしなければいけない項目です。

いくら外見がキレイでも、ここがダメなのは大問題です。
ガラガラ言うのは危険です。白煙・黒煙にも要注意ですよね。

すこしでも程度のよい、cb400fに出会えるといいですね!

cb400f レストアして乗る!

cb400fは免許制度改正の為、
408ccと398ccと2種類排気量のFourが存在します。

普通2輪免許の方が408ccを間違えて購入しても、
無免許になってしまうので、注意しなければならないですね。

408ccと398ccの見分け方は細かく言えば
色々あるのですが、何ヶ所かの簡単な見分け方を掲載しておきます。

見分け方
● エンジンの排気量刻印。これではっきりしますよね。
● 書類のリッターを参照.。
● スイングアーム。(後輪を支えているフレーム)
● フレームの形状。

現存するFourのほどんどが輸出仕様のもだそうです。

1974年〜1977年というに短い生産期間の為、
現存する国内仕様が本当に少ないのが現状です。

しかし、近年旧車ブームにより、その昔HONDAより
世界へ旅立ったcb400f達が業者達の手により、
世界で走り、そして20数年ぶりに彼等は日本に戻ってきています。

輸出した国により、パーツの使用が少しずつ違うので
注意知る必要があります。

基本なポイントで気をつけたいのが、スピードメーターです。
表示が【km】表示ではなく【マイル】表示の物があります。
これは車検、登録出来ないので要注意して下さい。

km仕様のスピードメーターを購入(国内メーカー絶版)
付け替えをして登録しましょう。

メーター等、部品の探し方は、大手のバイク業者や雑誌、
オークション等で気長に探すしかないです

。ただし、絶版していない部品を高値で販売等してる場合が
ありますので、まず近所の単車屋さんに聞いてみましょう!

ちゃんとレストアする事が出来る方なら、
古いものでも、外国から戻ってきたものでも、
十分楽しむことができると思います。

でも、できるだけ、しっかりした信用の出来る店
を探した方がいいでしょうね。

やはり25年以上経っているバイク、
選ぶだけでもある程度の知識が必要ですし、
レストアがキチンできない人は無理かもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。