cb400fのころのホンダはこうでした

cb400fを発売した頃のホンダ
どんな会社だったでしょうか。

cb400fは1974年12月に発売されましたが、
その年の前後はホンダにもいろいろなことがありました。

まず1972年には、アメリカ合衆国で「世界一厳しい」と言われた
排気ガス規制「マスキー法」を「CVCC」というエンジンで
世界で初めてホンダがクリアし、シビックを売り出しました。

マスキー法は、これをクリアする会社はないとまで言われた
厳しい排気ガス規制でしたが、日本の中小メーカーであった
ホンダが最初に達成したということで大変な話題となりました。

翌年の1973年には、ホンダの創業者である本田宗一郎社長と
藤沢副社長が退任し、2代目の社長として河島喜好が就任しました。

そして1974年のcb400f発売とつながります。
ただ、この年は自動車メーカーとして軽自動車部門からは
一時撤退しています。

排ガス規制でシビックが売れる中、軽自動車ではなくコンパクトカーを
売っていこうという戦略でした。

ホンダといえばレースですが、このころはオイルショックの影響も大きく、
「速く走れば良い」という時代ではなく、「以下に燃費を抑えて
排ガスもキレイにするか」がポイントだったため、レースへの参入は
中止し省エネタイプの研究に力を入れていました。

cb400fバイクのコストの関係もあり、3年ほどの短い期間しか
発売されませんでしたが、こんなホンダのこだわりが随所に
見られる名車でした。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。