CB400Fはパーツをも作らせる存在

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載の
オートバイでした。

他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で
「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも
話題になりました。

 そして、CB400Fの後退したステップと低いハンドルが
カフェレーサーのスタイルそのものとして絶大な人気を
誇っていましたね。

 今では、走り屋系のバイクでは50ccから大型バイクまで
浸透している「バックステップ」というパーツがあります。

 このパーツは、純正のステップの位置を、少し後ろに
後退させるアダプターのことを言いますが、このバックステップが
作られるようになったのはCB400Fがきっかけとも
言われています。

 バックステップはバイクでコーナーを攻めた時、
バイクを出来るだけ横に倒して遠心力と戦いますよね。

その際に、バックステップが威力を発揮します!
位置が少し上になり、後ろの方になるので体全身を使って
体重移動がしやすく、ステップが地面に接触してしまう限界点を
高くしてくれます。

これがCB400Fは純正となっていました。
 走り屋の方々にはいいこと尽くめなのです!

 それから各メーカーやチューニングパーツメーカーでも
バックステップというパーツを意識しここまでに至ったという事です。

 CB400Fはパーツを作らせてしまうほどに、
バイク業界全体に影響を与えるほどの存在感だったのですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。