CB400Fと流用・社外パーツの組み合わせで無限の可能性

CB400F、発売当時中型二輪で唯一「並列4気筒」搭載の
オートバイでした。

他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で
「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも
話題になりました。

 現在でもCB400Fのカスタムとしての
カフェレーサースタイルはとても人気で、支持するライダーも
少なくありません。

 発売当時のバイク雑誌の記事だと必ずと言っていいほど
CB400Fはカフェレーサースタイルという単語が出ていました。

 記者たちもCB400Fのフォルムにカフェレーサーの
流れを汲んでいるという評価を下したのでした。

 そんなわけでCB400Fをカスタムする際のパーツとしては
カフェレーサーテイストのパーツが選ばれることが多いです。

 ロングガソリンタンク、シングルシート、もしくはギリギリタンデム
可能なぐらいのショートシート、シートカウルなどの空気抵抗を
考えたレーシーなパーツです。

 純正だけではなく社外からのバイクのパーツは他の車種からの
流用のパーツなどもありました。

 CB400Fと同系統の車種の足回りのパーツを
使ったりすることもあります。

 そのパーツパーツの組み合わせはまさに星の数ほどになり、
カスタムを手がけた人の数だけオンリーワンのCB400F
出来上がることでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。