CB400Fのシートは実用性?デザイン性?

バイクに乗っている間、一番長く触れる部分はどこだと思いますか?
やっぱりシートですよね。

 やっぱり乗りやすいシート、座りやすいシートの方が
長時間のライディングも楽になります。

 それは昭和の名車CB400Fでも変わりません。

旧車ということで長時間のライディングより見た目を
意識した薄いだけのシートを選ぶライダーもいます。

 カスタムは人それぞれこだわりがあって、それに合わせて
作るものですができるだけ乗り心地も考えたカスタムも
心がけたいものです。

事故を起こしてしまってはせっかくのCB400Fどころか
ライダー自身の生命さえも亡くしかねませんから。

 CB400F自体中型二輪ということで決して小さいものでは
ありません。

 もしライダーが小柄で足が届かないということがあれば
シートの中の綿を抜く「あんこ抜き」をすれば見た目は
普通のシートで、座ると体重でへこんで足が届くようになります。

 同じ要領でシートの綿を減らしたり、軟らかい素材に換えておくのも
一つの手です。

 これだけやればCB400Fの地上高は問題ないと思います。

 でも、もしこれでも届かないのならCB400Fの購入は
諦めることをおすすめします。

名車に憧れる気持ちはわかりますが、バイクは安全第一で
乗りたいですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。