タンクとシートのバランスでCB400Fがカフェレーサーに

CB400Fと言えば、発売当時中型二輪で唯一の
「並列4気筒」搭載のオートバイでした。

 他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で
「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも
話題になりました。

 現在でもCB400Fのカスタムの選択肢としては、
カフェレーサースタイルはとても有効で、支持するライダーも
少なくありません。

 当時のバイク雑誌のCB400Fの記事においても、
必ずと言っていいほどカフェレーサーという単語が
出ていたそうです。

あの頃は本当に流行っていました。

 カスタムの方法を挙げれば長くなってしまいますが、
やはりシートの改造は欠かせないところでしょう。

 CB400Fはそのままの形でも十分カフェレーサーに近いので、
タンクを長くするだけでグンッといい味が出てきますから
一番カスタムベースとして人気がありました。

 シングルシートより少し長いタンデム可能なショートシートも
あります。

 CB400Fをカスタムしたいけど、中型に乗っているのに
タンデムできないのはイヤだと言う人も問題ありません。

 よりシャープな感じを引き立たせるためにシートカウルをつけて、
バイクのタンクのシート側にへこみをつけるのも
雰囲気を出すいい方法ですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。