ネットオークションでCB400Fシートもゲット!

CB400F、発売当時中型二輪で唯一の
「並列4気筒」搭載のオートバイでした。最初のモデルは
408ccでした。

 しかし日本国内の免許制度改正で教習所で取得できる
中型二輪免許が400ccまでとなります。

それにより408ccの排気量を持つCB400Fは、
中型二輪免許では乗ることができなりました。

 これに対応してショートストローク化され、398ccの排気量と
された国内専用モデルが、このCB400F−T、およびその
アップハンドルモデルCB400F−Uでした。

つまり3機種のCB400Fが同時に存在したことになります。

 という感じで意外に紆余曲折あって今に至ります。

しかし人気は発売当初から一向に衰えることなくいまだに
愛されるマシンです。

それだけにちょっとしたパーツでもネット上の
オークションで手に入れることができます。

 たとえば、シートでも通常の純正シートから
タンデムしやすい段付きシート、約30年前のデッドストックの
シートなんてものも出てきます。

 あとCB400Fといえばカフェレーサースタイル。
それに欠かせないバイクのシートといえばシングルシート。

 こんなものも数あるうちから選べます。部品が多く流通
しているということは、それだけ人気があって需要が
あるということでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。