CB400F 曲線美シートでカフェレーサー演出

原付のCD50やHONDAのドリームが『カフェレーサースタイル』っぽいと
思いますが、あなたはどう思いますか?

 日本で昔大流行し、今となってはカスタム、スタイルの一つの
主流とも言える位置まで来たカフェレーサースタイル。

 国内でいち早くその流れを取り入れたのがCB400Fだと
言われています。

また、国内で唯一の中型4気筒エンジンを搭載したバイクも
CB400Fです。

 当時CB400Fを取材したバイク雑誌の記事はほとんど
「CB400Fのフォルムはカフェレーサースタイルに近い」という
内容だったといいます。

 元々カフェレーサーはイギリスやヨーロッパの辺りで、
実際のレースで走るマシンのようにバイクをカスタムして
カフェに持ち寄ったことから発祥したと言われています。

 ロングガソリンタンクにショートのシート
ローハンドル、シートカウル。

 いかにも空気抵抗を意識したレース仕様がそのままスマートで
曲線美あふれるスタイルになりました。

 そのためCB400Fのカスタムにおいてもシングルシートか
波打つような丸っこいシート、シートカウルにロングタンクという
カフェレーサーな部分を活かした仕様が目立ちます。

 バイクのスタイルが元々近いだけに、それが一番無難とも言えるでしょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。