CB400F カフェレーサーならまずシートから

言わずと知れた昭和の名車『CB400F』。

 国内唯一の中型4気筒エンジンを搭載し、日本に
「カフェレーサースタイル」を根付かせた立役者でもあります。

 タンクの色は当然ながらハンドルまでコンチネンタルハンドルを
選べたわけですからHONDAのCB400F、
そしてCB400F以降のバイク作りの方向性から
生まれた部分も無きにしもあらずといったところでしょうか。

 当時のバイク雑誌のCB400F記事はほとんど
カフェレーサースタイルだったといいます。

 元々カフェレーサーは実際のレースで走るマシンのように
バイクをカスタムしました。

なのでシートは一人乗り、ハンドルは低くして、
それに合わせて足元のステップは通常の位置より後ろに
下げていました。

 CB400Fは最初からシート以外の全てが揃っているわけです。
あとは、シングルシートにしてタンクを長くするだけで
完璧なカフェレーサースタイルになります。

 細かい部分だとシートの後方はシートカウルを装着したり、
タンクやシートを落ち着いた色や素材に換えたりするともっと
雰囲気が出るはずです。

 そして、ハンドルをセパハンにして前傾姿勢のあのスタイルは、
より一層レーサーバイクに乗っているような気分にさせてくれますよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。