CB400Fでカフェレーサー!決め手はシートとタンク

CB400Fに乗っているライダーの中で
バイクに特別な思い入れがない人っているのでしょうか。

 30年前に発売されたCB400Fは中型4気筒としては
国内唯一のバイクでした。

 そのタンクの形状や上品なスタイルは、
日本にまだなじみのなかった『カフェレーサースタイル』の
火付け役の一端を担うほど革新的なものでした。

 そんなCB400Fも今は生産中止となり旧車となっています。

メンテナンスも手間とお金がかかります。
そんなバイクをただの下駄代わりに使う人はほとんどいないでしょう。

 それだけに雑誌に載るようなCB400Fはもちろんのこと、
街を走るだけのCB400Fも、それぞれのこだわりが
色濃くにじみ出るものです。

 その中でも冒頭に出てきたカフェレーサースタイルも
その主流の一つです。

 テールは短く、タンクを長めに取るだけでだいぶ変わります。
通常は二人まで座れるシートを一人用まで短くし、
その余った長さをそのままタンクに足してしまうという
極端なカスタムバイクもあります。

 CB400Fのタンクのカラーもレッド、ブルー、イエローの
原色よりもモスグリーン、シルバー、黒といった英国を
感じさせる落ち着いた色のバイクの方がしっくりきますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。