CB400Fもドラムブレーキのメンテナンスは気をつけて!

CB400Fの足回りは、フロントがディスクブレーキ、
リアはドラムブレーキとなっていましたね。

ドラムブレーキは、ディスクブレーキとは違い、油圧による力を
倍増させる装置を使わなくても、構造上で自己倍力作用を持っているので、
ディスクブレーキにも引けを取らない制動力を持っています。

このドラムブレーキの構造はすごいもので、リーディングシューと
いうものですが、リーディングシューは走行するドラムに接触すると、
自らドラムに食い込む方向に力が働き、実際にブレーキワイヤーで
押しつける力以上の仕事(制動力)を発揮してくれるんです!

ただ、デメリットもありました。
CB400Fに限らず。ほとんどのドラムブレーキは使用していると、
そのブレーキシューが削れた粉じんがドラム内で塊となって、
内部の動きを悪くしてしまうことが多くありました。

ですから、メンテナンスをしていないバイクなどは、
ブレーキが戻らない状態になってしまったりすることも
しばしばあります。

さらにドラム内に水が入ってしまったりすると効きが
安定しなくなってしまうのです。

ですからCB400Fのように、バイクのブレーキとしては、
フロントはディスクブレーキ、リアにはドラムブレーキという設定が
各メーカーでも多くさせるようになりました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。