缶コーヒー景品のCB400Fはタンクとサイドカバーに注目?

CB400FといえばHONDA初の集合マフラーと
後退したステップを採用し、国産ながらカフェレーサースタイルを
取り入れたバイクとして話題になりました。

 またこのCB400Fは発売当時、中型二輪免許で唯一乗れる
並列四気筒エンジンを搭載したバイクでもありました。

 現在、CB400Fは絶版となり旧車となった今でも
ファンは少なくありません。

 そんな事情もあったからかわかりませんが以前コーヒーの
おまけの景品で「HONDA歴代バイクフィギュア」という
シリーズにスーパーカブに並んでCB400Fもラインナップ
されていました。

 実物を見てみるとシート後方部分の形といい集合
マフラーといいなかなかの出来です。

 ちなみにCB400Fタンクはレッド、
ブルー、イエローとあった内のレッドになっています。

レッドはホンダがロゴなどでよく使う色なのでそれも
関係あるのでしょうか?

 さらによく見るとタンクのカラーとサイドカバーの色が
同色になっています。

 これは一番最初のCB400F、正確には408ccだった
バイクモデルの特徴です。

 ただの缶コーヒーのおまけとあなどるなかれ、
マフラーやタンク、シートの形からタンクとサイドカバーを
揃えるといった細部までこだわったものと言えるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。