CB400F(ヨンフォア)の魅力

発売当初の408ccの排気量を持つCB400F
ヨンフォア)、発売翌年に免許法改正に対応し
398ccとした国内向け専用追加モデルCB400F−T(F−T)、
およびそのアップハンドルモデルFOUR(F−U)、
3機種のCB400F(ヨンフォア)があります。

 サイドカバーの色の違いやタンクカラー。

CB400F(ヨンフォア)は赤と青、F−T・F−Uは赤と黄などに
その相違はあるものの、集合マフラーとカフェレーサースタイルは
まさにCB400F(ヨンフォア)の証です。

 CB400F(ヨンフォア)はやっぱりただの
フルフェイスではなくカフェレーサースタイルですよね!

ちなみにCB400F(ヨンフォア)でも人気なのが赤のヨンフォア。

 クロームメッキのエンジンと集合マフラー(当時はヨシムラの
黒手曲げ直管を入れるのが大流行した。)当然ホンダCB400Fは
今でも中古車市場でものすごく高い・・・。

 ただ、408ccのCB400F(ヨンフォア)の方が格段に安いし、
逆輸入のCB400F(ヨンフォア)が殆どで、デザインは
同じの輸出専用CB550Fというものもあります。

 1997年には、その名をそのまま引き継いだバイク
(水冷エンジンではあるが)ホンダ・CB400F(ヨンフォア)が
登場するが、クロームメッキの4本出しマフラー、大柄なタンク形状と、
シルエットはCB400F(ヨンフォア)ではなくCB750FOURに
近いのです。

ヨンフォアの空冷インラインフォーの排気音は、30年以上経った
今でも新鮮な感動を与え、道でCB400F(ヨンフォア)を
見かける度に、キャッチフレーズ「おお400。お前は風だ。」と
思い出すのです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。