タンクはCB400Fのおでこ?

CB400F、中型二輪免許で乗れる唯一の
4気筒オートバイとして一躍脚光を浴びました。

当時まだ日本になじみの薄かったカフェレーサースタイルを
意識させる外観は、絶版となり旧車となったいまなお多くのライダーに
語り続けられ、愛されています。

さて、バイクと言えばCB400Fに限らず外観の部分で一番目に
入りやすいのはタンク部分ではないでしょうか。

基本的にCB400Fのタンクのカラーはレッドとブルー、
同時期に出たCB400F−TとCB400F−Uだと
レッドとイエローになります。

ちなみにCB400Fはサイドカバーもタンクのカラーと
同色になっていました。

F−TとF−Uはタンクに関係なくブラックアウト
されています。

人によって好きや嫌いがありますが、以前少年誌で連載されていた
『特攻(ぶっこみ)の拓』にハマッた人なら爆音小僧のヘッド
”マー坊”の真紅のイメージが強いバイクかもしれませんね。

やはりタンクは塗装する表装部分としては一番大きい部分なので
形はともかく色や塗装のひび割れなどにも気を使って欲しい部分です。

最近はアルミタンクなども多く出回っていますが鉄のタンク
そのままならサビにも気をつけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。