CB400Fはシフトドラムの構造が古い!

CB400Fは現在からすると30年も前のバイクですから、
やはりの現行車のように快適に乗れるか?というと、そうではありません。

例えば、シフトチェンジ。
これは、シフトドラムの構造上の問題なりますので、
現行車のように「カチッ」としたフィーリングで入ることはありません。

CB400F昔から乗っている方は体が覚えてしまっていると
思うので気にはならないと思いますが、最近のバイクから
乗り換えされる方には気になるところではないでしょうか?

CB400Fの基本設計はCB350Fになります。

ですので、もう35年以上も前の設計なんです!

この頃の設計では、シフトチェンジをするパーツが複雑な構造に
なっていました。

原付のモンキーのシフトの構造と同じですね。
ちなみモンキーは現在も同じ構造でシフトドラムを
動かすようになっています。

CB400Fはギアを変える為に、3つ以上のパーツを
介してシフトドラムを動かしてシフトチェンジしますので、
どうしても30年以上経ってくると部品の摩耗も重なって
新車のようなシフトドラムを動かすスムーズさが無くなって
しまうんですよね。

CB400Fの2世代後のCBX400Fでは、
構造が簡単になり、直にシフトドラムを動かすので
簡単にシフトできるようになりました。バイクの世代交代ですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。