タンク改造でCB400Fカフェレーサースタイル

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる「並列4気筒」の
オートバイでした。

他にもHONDA初の集合マフラーや後退したステップの採用で
「カフェレーサースタイル」という日本では新しいスタイルも
話題になりましたね!

現在でもCB400Fのカスタムの選択肢として
カフェレーサースタイルはとても有効で、支持するライダーも
多いのではないでしょうか。

当時のバイク雑誌のCB400Fの記事においても
必ずと言っていいほどカフェレーサーという単語が
出ていたそうです。

カスタムの方法を挙げればキリがないと思いますが、
やはりタンクの改造は欠かせないところでしょう。

CB400Fそのままの形でもカフェレーサーっぽいので
タンクをいじるだけでもグンッといい感じになってきます。

最近だとアルミを使ったタンクが多くなってるようです。

軽くて頑丈なのでCB400Fのタンクのような大きな
パーツに使っても重くならなりませんし強度も問題ありません。

よりシャープな感じを引き立たせるためにバイクのタンクのシート側に
へこみをつける方法もあります。

へこませ方で失敗してもパテで補修できますが、
実践するのであれば、なるべく細心の注意を払いましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。