タンクでわかる?!3タイプのCB400Fの見分け方

CB400F、発売当時中型二輪で唯一乗れる
「並列4気筒」のオートバイでした。

最初のモデルは408ccでした。

しかし日本国内の免許制度改正で教習所で取得できる
中型二輪免許が400ccまでとなると、408ccの排気量を
持つCB400Fは、中型二輪免許では乗ることが
できなりました。

これに対応してショートストローク化され、398ccの排気量と
された国内専用モデルが、このCB400F−T、
およびそのアップハンドルモデルCB400F−Uでした。

つまり3機種のCB400Fが同時に存在したことになります!

この3つ車体の違いにタンクのカラーがありました!

まずCB400Fはタンクのカラーがレッドとブルーから選べました。

F−TとF−Uのタンクのカラーはイエローとレッドの二色へと
変更になっていました。

バイクのタンクのカラーぐらいなら塗装や部品の交換で
好きな色にできますが、発売された直後のまっさらな状態を
見た人であれば、そのタンクのカラーリングによって
CB400Fだったのか、F−T、F−Uだったのかが
わかることもあります。

ハンドルやステップの位置も仕様が違っていますが色の
違いなら小さい頃の記憶でも鮮明に残っているのでは
ないでしょうか。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。