CB400Fの聖地『アゲイン』

CB400Fといえば、HONDAが作った
初の集合マフラーと、今まで発売していたバイクよりも
後退したステップを採用し、国産ながらカフェレーサースタイルを
取り入れたバイクとして話題になりました。

また、このCB400Fは発売当時、中型二輪免許でも乗れる
唯一の並列4気筒エンジンを搭載したバイクでもありました。

現在、CB400Fは絶版となり旧車となりましたが、
今でもファンは全国に数多く居ます。

そのCB400Fにおいて抜群の人気と知名度、技術を誇るのが、
大阪狭山市東野中にあるバイクショップ『アゲイン』です。

アゲインにてカスタムされたCB400Fは、
バイク雑誌の表紙を飾ったり、モーターショーにも出品されるなど
高いクオリティーは一般のライダーだけでなくテレビなどのメディアも
認めるところとなっています。すごいですよね!

サンテレビの『Like a wind』はバイクスタイル情報番組ですが、
こちらのCB400Fの解説でアゲインがマシン協力をしたり、
出演している土建屋よしゆきさんのバイクレストア企画で
アゲイン代表松永氏が『レストアの匠』として紹介されています。

まさにCB400Fの聖地『アゲイン』ですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。