ヨシムラとCB400Fの密接な関係?!

CB400Fは1973年にデビューして、
バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、
そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれる
チューニングパーツが「ヨシムラ」である思います。

 ヨシムラといえばマフラーが有名ですが、当時のマフラーと言えば、
インラインフォーのタイプが当たり前とされていた時代に、
唯一ヨシムラでは、4in1の集合管タイプを採用していました。

 今になって再認識されたことですが、集合管のシステムは
画期的でした。

 各シリンダーからの排気ガスが1本に集合して排出されますよね、
その集合する際に、猛スピードで通り抜ける排気ガスが他の
シリンダーのエキゾーストパイプに負圧を発生させるのです。

 それが高速で何度も繰り返されるので排気ガスが吸い出される
状態になり、結果的に排気効率が飛躍的にアップしたのです。

 それをヨシムラがいち早く気付き始め、現在ではそれが
当たり前となっている状態ですね。

 CB400Fはいち早く集合マフラーが製造され、
他のバイクを圧倒するほどに性能をアップさせましたから
その差は歴然ですよね。

 もしかすると、ヨシムラジャパンというメーカーがあったからこそ、
CB400Fがここまで有名なバイクになったのかもしれません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。