CB400Fといえばヨシムラ管

CB400Fは1973年にデビューして、バックオーダーを
抱えるほどの超人気車となったホンダのバイクですが、
そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれる
チューニングパーツが「ヨシムラ」だと思います。

 バイク業界では、言わずと知れたヨシムラマフラー。

 大型の1300ccのバイクから50ccの原付バイクの
マフラーまでなんでも扱っていますよね。

私は、現在、すべてのバイクの中でヨシムラマフラーが
1番の装着率ではないかと思います。

現在では機械曲げによるものが多くなっていますが、
CB400Fが全盛期の頃では、職人さんによる手曲げ集合管が
走り屋の中でも一番とされていました。

そして、ヨシムラ管には、前期と後期があります。

前期はマフラーの排気音量などの規制がかかる前に製造されていた
物のことで、後期はその規制後に、対応するように
作られたもののことを言います。

前期と後期では音も違い、当時から前期のマフラーが
走り屋の方々にも好まれていました。

規制に対応させるとなると、どうしても音量を抑えるために
サイレンサー部分を絞らないといけませんからね!

性能だけを考えると前期のバイクの方がよかったのは言うまでも
ありません!

 現在ではCB400Fをレストアされる方でこだわって
ヨシムラ管の前期を探される方も多いようです。

 今となってはヨシムラ管はとても貴重なマフラーですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。