CB400F ヨシムラキットの威力!

このCB400Fは1973年にデビューして、
バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、
そのCB400Fのスタイルをさらに引き立たせてくれる
チューニングパーツが「ヨシムラ」であると
思います。

そして、ヨシムラのパーツの中で誰もが知っているチューニングパーツと
言えば「CB400Fヨシムラキット」ですよね!

54パイのピストンを使い、458ccにボアアップさせるという
のチューニングパーツがこのヨシムラキットでした。

このヨシムラキットを組んだCB400Fはすさまじいものへと
進化するのでした。

エンジンの回転は、なんとレッドゾーンを超える1万回転オーバー!!
ゼロヨンでは軽く13秒台を切る加速!!

最高速度もメーター読みですが、190km/hにも達するというほどです!

当時の2ストロークバイクもついて来れなくなるほどの
パワーアップです。

そして、そのパーツと抜群の相性だったヨシムラの手曲げマフラーと
組み合わせればカワサキのZ400すらカモれるようになるくらいの
性能を発揮するようになるのです!

CB400Fを知り尽くした人でないと、こんなパーツは作れませんよね。

さすがバイク界のオヤジとも言えるヨシムラジャパンですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。