カフェレーサーと言えばCB400F(ヨンフォア)

CB400Fヨンフォア)を
研究していると、カフェレーサーという言葉にたどり着きます。

カフェレーサー・・・それはオートバイのカスタム思想の一つで、
日本では1970年代から1980年代にかけて大流行しました。

その定義として、イギリスのロッカーズが行きつけのカフェで、
自分のカスタムバイクを自慢し、公道でレースをするという
「速く、カッコ良く」のカスタムというものがあります。

カフェレーサーの種車として草創期にCB400F(ヨンフォア)
用いることが一般的でした。

当時はバイクを改造することは法で一切禁じられていたため、
元からカフェレーサーの形をしたバイクは圧倒的な人気を誇りました。

なので、CB400F(ヨンフォア)ほど、このカフェレーサーという
表現が似合うバイクのモーターサイクルも今では少ないのではないでしょうか?

エンジン・フレームなどの基本部分はCB350F を
踏襲しているにもかかわらず、デザインの変更のみで
素晴らしく生まれ変わった、

それドリームCB400F(ヨンフォア)です。ノーマルのままより、
CB400F(ヨンフォア)をベースにカスタマイジングを
楽しんでるマニアも多く、しかもその大半がルックスと走りを
バランスさせた粋なストリートカフェに仕上げているようです。

また最近ではバイクの既製モデルなどを購入しパーツ交換で済ます手法が
一般的となりましたね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。