貴重なCB400Fヨシムラキット

このCB400Fは1973年にデビューして、
バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、
ちょうどその頃から大ブームになった「カフェレーサースタイル」の
火付け役はCB400Fだったとも言われています。

 そのCB400Fのカフェレーサーのスタイルをさらに引き立たせて
くれるパーツが「ヨシムラ」であると思います。

そのヨシムラのパーツの中で誰もが知ってるチューニングパーツと
言えば「CB400Fヨシムラキット」ですね!

当時、400ccオーナーは、2ストロークが全盛期でした。

そして、2ストロークのオーナーは、「4ストロークは音だけで遅い」と
口をそろえて言っていました。

CB400Fオーナーの皆さんはとても悔しい思いをされてたと
思います。

そして、その当時の走り屋と呼ばれる人のバイクは、
ヤマハのRD400やスズキのGT380などの
2ストローク車でした。

そんな中で、ヨシムラから開発されたCB400F用の
ヨシムラエンジンキットは信じられないようなチューニングパーツでした!

なんと2ストロークのバイクでさえついて来れないほどに
なってしまうのです!!

このヨシムラキット、今ではもう入手できないらしいです。

しかし、世の中には必ず存在するものですから
見つけることはできるでしょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。