CB400Fの魅力を引き立てるヨシムラの歴史

このCB400Fは1973年にデビューして、
バックオーダーを抱えるほどの大人気車なわけですが、
ちょうどその頃から大ブームになった「カフェレーサースタイル」の
火付け役はCB400Fだったとも言われています。

 そのCB400Fのカフェレーサーのスタイルをさらに
引き立たせてくれるパーツが「ヨシムラ」で
かなぁ〜と思います。

ヨシムラの歴史は古く、昭和29年(1954年)に創立されました。

ヨシムラは公式レースにも参戦し、1964年には鈴鹿18時間耐久レースにも
優勝し、ヨシムラというメーカーとしての実力をみせつけてくれました。

昭和29年、ヨシムラジャパン創立者のPOP吉村さんは雑餉隈で
オートバイ屋を経営していて、お店に遊びに来ていた米兵を
しょっちゅう叱り飛ばしていたということです。

遠い国からきた米兵にとって、ヨシムラは唯一くつろげて、
自分の家に帰るような感覚で遊びに行ける場所であり、
そして自分のことを親身になって怒ってくれる親父のよう
存在だったようです。

そんなオートバイ屋ヨシムラの吉村さんを米兵たちは
「POP」と呼び親しんでいたそうです。

「POP」というのは、「おやじ」という意味です。
それから、吉村さんは「POP吉村」という愛称で呼ばれるように
なったんです!

今となっては、まさにバイクのチューニング界のオヤジとも言える
存在ですよね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。