CB400F(ヨンフォア)の歴史

CB400F(ドリームシービー400フォア)は
1974年12月3日に本田技研工業により発売さました。

 通称「ヨンフォア」と呼ばれていて、
CB350F走力性能がイマイチの為に、改良されて出てきたのが、
このCB400F(ヨンフォア)です!

 しかし発売された翌年の1975年に、免許制度の改正で
自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、エンジンの排気量が
400cc以上のバイクは、中型二輪では乗れず大型免許が必要に
なった為、急遽398ccが生産されました。

 つまり型式としては408ccのCB400Fと、
398ccリーズのCB400F−T、CB400F−Uが存在しますが、
4気筒シリーズ唯一の2輪車として人気がありました。

 発売当時、CB400F(ヨンフォア)は「お前は風だ!」と
いうキャッチコピーで発売されましたが、暴走族を連想させる、
という指摘を受け、後に「お前が好きだ!」という所有感を
イメージさせるキャッチコピーに変更されたそうです。

 CB400F(ヨンフォア)は30年以上たった今でも
ファンを魅了していて、現在その価格はプレミアがついてるものもあり、
車体の程度によっては100万以上の値段がついているものもあり、
408ccと398ccとでは408ccの方が格段に安いようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。