ホンダcb400fはプレミア付き!

1975年に行われた免許制度の改正によって教習所で取得できる
中型二輪免許が400cc以下となり、408ccの排気量を持つcb400fは
中型二輪免許では乗ることができなくなってしまいました。

これに対応して、排気量を398ccとして発売された国内向け専用
追加モデルがCB400FOUR-I(F-I)、およびそのアップハンドルモデル
FOUR-II(F-II)です。

つまり、当時は3機種のCB400FOURが同時に存在したことになります。

この国内専用モデルの生産は、一説には6000台程度といわれています。

色々な理由から、短期間で生産終了となってしまうのですが、
当時、中型免許で乗れる唯一の4気筒車として、絶大な人気が
あったため、その生産中止は、当時のバイク雑誌のトップ記事に
なる程でした。

発表からおよそ四半世紀を経過した現在でも、ホンダcb400f
ファンは多いですネ。

国内に流通しているものには、カリフォルニアなどから
逆輸入された物が多く見られますが、これらは当然408cc仕様です。

また、中には輸出最終型のバックステップでないタイプも
見られるようです。

現在はこのバイクはプレミアが付いているため、
車体の程度により100万円以上の高値が付く場合もある。

また、中型自動二輪車と大型自動二輪車の
関係で408ccの方は398ccの方よりも格段に安いのが現状です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。