ホンダドリームスーパースポーツcb400f

ホンダドリームスーパースポーツcb400f
カフェレーサータイプのドレスアップをメーカーが行い、
4in1の美しい集合マフラー、コンチハン、ロングタンク、
バックステップと、マニアが手を入れるところがないぐらいに
ドレスアップされていました。

今でもホンダ車にこのデザインは踏襲されていますよね!
発売当時の価格は、32万7000円
良く売れていました。

すごい人気だったような気がします。
暴走族にも多かったような気がします。

実はこのバイク中型二輪免許制度の変更時期(1975年)に
できたことで、CB400Fは排気量が408ccという中途半端な数字に
なっていたんですよね。

後に免許制度にあわせて398ccのF-1が発売され、
そちらの方が一般的になっていったのでしたっけ。

滑らかに回るエンジンはさすがに優等生ホンダエンジンで、
当時のごつごつ無骨に回るエンジンとは一線を画していました。

しかし、元々高回転で馬力を稼ぐタイプのエンジンで、
低速で街乗りするのには不適当だったように思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。