cb400f マフラー改造について

cb400fに乗っている人のなかでも、
マフラーを改造している人、多いと思います。

そもそもなぜマフラーを改造するのでしょうか。
マフラー改造は高確率で違法になるためにオススメできません。

騒音規制に違反するため、おまわりさんにつかまる可能性が高いです。

なぜ、改造するかというと、走行性能を上げたい・見栄えを良くしたい
・排気音を楽しみたいなど、自己満足的な理由がほとんどだと思います。

通常、走りを楽しみたかったり、足代わりに乗る人にとっては
ほとんど必要の無いものだと思います。

夜中にマフラーの音をばりばり鳴らせて走るのも迷惑ですし、
ただの自己満足ならそんなことはやめてメンテナンスや、
外装にお金をかけたほうがいいと思います。

cb400fは確か、「お前は風だ・・・」というキャッチコピーのもと、
販売されましたが、暴走族を連想させる・・・という理由で確か後に
変更されたような記憶があります。

また、翌年には免許制度の改訂があり、エンジンの排気量400ccを
超えるものは中型二輪免許で乗れなくなったために、
急遽、398ccが生産されたんですよね。

発売当初から色々話題性の多かったcb400fです。
マニアはのどから手が出るほど、ほしいバイクの一品でしょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。