cb400f マフラー改造は要注意!

cb400fマフラーは当時、
ヨシムラの手曲げマフラーでしたが、今では入手することは困難で、
手曲げではなく、機械曲げになっています。

cb400fには関係の無い話ですが、マフラーの交換に
関する規制って意外と厳しいんですよね。

本来マフラーの騒音は走行中の音が大きいために苦情が発生して
いたのですが、マフラー製品自体の規制としては、
一定の停止状態でのレベルに対して行われていたそうです。

しかし、実際は、新車購入後に交換するマフラーに対しても、
走行時の騒音規制を付けることによって、安易に交換
できないそうです。

元々、マフラーの改造はピストンからの排気効率が下がるために起きる、
パワーダウンを改善するために交換するという目的が多かったように
思いますが、最近は音自体を楽しむためという、「違った意味での交換」が
多くなっているような気がします。

夜中にバリバリという排気音を響かせて走るバイクには正直腹が
たちますよね。

好きなバイクに乗って街中を颯爽と走る楽しみも
良くわかりますが、住みやすい環境を考えると、バイクの規制は
止む終えないですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。