cb400f 4in1マフラーは画期的だった!

ホンダcb400fといえば発売当時、
それまでのインラインフォーの常識であった、4本マフラー
採用せず、なんと4in1という、ヨシムラなどに代表される集合マフラーを
装着して登場したのには驚かされました。

cb400fの発売は、自動二輪の免許制度が大きくかわった頃で、
400CC以上のバイクは、大型免許が必要になりました。

cb400fが発売された当時は、408ccのタイプがありましたが、
免許制度の関係で販売台数は少なかったようです。

cb400fの408ccのタイプは、cb400fのベースとなった
CB350Fのエンジンをベースに海外向けに改良と排気量アップを
したものだったようです。

cb400fのカラーは、レッド・濃いブルー・イエローなど、
きれいな色だった気がします。

cb400fのデザインをそのままに、CB550Fもあったので
探してみましたが、生産台数が少ないせいか、
中古で見かけることもほとんどありませんでした。

cb400fくらい古い絶版車になると、修理時のパーツが
心配になりますが、ホンダの場合は、古くても受注生産で
手に入るパーツはありっますし、純正ではなくても
多くパーツをかかえているので安心です。

cb400fは、メッキなどを施した金属パーツが多いので、
かなり磨きがいがあります。

エンジンの性能こそ、新型バイクにかないませんが、
空冷インラインフォーの排気音はかなりいい感じ。
一気に25年前にタイムスリップしちゃいます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。