cb400f 機能美溢れるマフラー!

今となってはその新品を手にすることはできなくなったホンダ
cb400f。国内仕様のものはかなり珍しく、
海外からの逆輸入のものが多いそうです。

幻のcb400fの魅力はどこにあるの?
まずは、4サイクルOHC4気筒37馬力エンジン。
充分なパワーと驚くほど静かでスムーズなサウンド。

ワイドレシオの6速ミッション。ボディも剛性が高く、
すぐれた復元力を持つセミダブルクレードルフレーム。

低いハンドルとシートは安定性が高いものなのだそう。
スリムでレーシーな大型燃料タンク、アップしたテールエンドと
4in1マフラーによる機能美あふれるデザイン!
装備もまたかなり魅力的になっているようです。

ブレーキパッドとライニングの摩耗限界を示す
チェック・マークもみやすいし、ニュートラル時、
またはクラッチを切った状態の時のみ作動し、
飛び出しを防ぐ、セーフティスターターを装備。

ギヤの飛び越しを防止するストッパーをミッションに装備。
進路変更などのスイッチ操作が、軽いタッチでできる
2モーションウィンカースイッチを装備、
しかもウィンカーパイロットランプは左右独立式。

50/40Wと自動車なみの照度をもつ薄型ヘッドランプ・
ポジションランプも内蔵。メイン、フロント、リヤの電装系を分離し、
メインテナンスの楽な3系統式ヒューズ。後方視界を広げ、
安全な走行を助ける大型バックミラーを左右とも標準装備。

乗車姿勢のまま操作ができる、ロック兼用センタースイッチ採用。
扱いやすい両面キーを採用。

新品のバイクに乗ってみたいですよね〜♪
丁寧にレストアしている車でたまにかなりぴかぴかのものを
見かけることがありますが、値段は当時の倍以上・・・100万からの
取り引きになることもあるようです。

マニアにはのどから手が出るほどほしいものだと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。