cb400f 4in1マフラーが特徴!

本田技研工業(株)から発売された4気筒エンジンに
6速ミッションを装備したロングツーリング車cb400f

この車は、4本の排気 管を1本のマフラー
導いたユニークな集合排気システムを採用することにより、
充分なパワーと静かで独特のサウンドを作り出し、
またスタイリングの面でも全く新しいタイプのオートバイ です。

高速時の制動に威力を発揮する前輪油圧ディスクブレーキ、
手元に集中させたスイッチ類など、安全対策にも充分配慮
されている車です。

特徴としては、集合マフラーに象徴される新しいデザインであること。

ロングクルージングでも安定した性能を発揮する、信頼の高い、
408cc4気筒OHC37馬力エンジン。

パワーをフルに引き出す、ワイドなギヤレシオの6速ミッション。
操従安定性の高いライディングポジションが得られるハンドルと
シート及びステップ位置。

充実した安全公害対策。などなど・・・昭和49年12月4日に発売されて、
月生産5000台。価格は327000円でした。

当時のお金にしてはかなり高価なバイクだったと思います。
25年たった今、すでに絶版になり、国内仕様のものは
ほとんど無いため、逆輸入したものをレストアして乗る・・・
というのが現状です。それでもなかなか希少価値が高く、
今では倍以上の値段で取り引きされているようですね。

生産計画  月産 5,000台(輸出を含む)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。