cb400f レストアにも愛情込めて・・・

以前、バイクの修理工の方にcb400f
関するお話を伺ったことがあります。

cb400fほどの人気の絶版車になると、レストア依頼してくる時点で、
かなり痛んでいるのだろうなぁと覚悟して受けるのだそうです。

頭の中で、レストアの作業をあれこれ段取りしながら、
あまりにひどかったらかなり手間だぞ。

とつい気負うこともあるそうです。それなのに、
依頼を受けてみると、時として、びっくりするくらい大切に
のっているキレイなcb400fに出会うことが
あるのだそうです。

そういうcb400fだと、普通に乗っている比較的あたらしめの
バイクより、数段、整備ランクも上だし、見た目も
きれいなのだそうです。

よほど良いコンディションで保管してきたか、幾度も綺麗に
レストアされてきたか、みていて、相当大事にのってきている
持ち主の心が伝わってくるそうです。

大事に乗られてきたものは、レストアも心を込めて、
大事に、よりキレイに仕上げてあげたい・・・
これは修理をする側にとってとてもやりがいのある瞬間だと
いいます。

よりキレイに仕上げようと思ってもらえるcb400fって、
なんか、すごいですよね。

たかがバイクではない、大事な宝物に接するような感覚になるようです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。