cb400f レストアできる人、できない人

cb400fを購入するとき、
25年もたっている古いものなので、
程度良いが高いcb400fを買うか、
程度は悪いが安いcb400fを買うか・・・。
悩む人も多いと思います。

ここは個々の価値観で大きく変わるところでもあります。

レストアする事が出来る方なら、
結果的には同じだと思いますが、本当に人それぞれの
価値観で変わってくるポイントなので、
なんともいえないところです。

程度は良いが高い場合は、問題が発生した時に、
クレームを言えるというメリットがありますよね。

レストアしなくてもそのまま走れるし、レストアできない人
は高いけれど、しっかりとしたものを選ぶほうが
いいというのは間違いありませんね。

程度は悪いが安い場合は、自分でレストアしていく事になるので、
レストア済みを手に入れるより愛着度がわくことは確かです。

改造が目標なら、好きな部品を買えるし、レストアそのものを
楽しむこともできる。好きなものをいじくる楽しみってありますよね〜。

そのぶん、デメリットも覚悟しなければならないでしょう。
クレームにも限界がある。
やはり25年以上経っているバイク、選ぶだけでもある程度の
知識を要する物だと思います。

必ずエンジンをかけてみて、エンジンの状態を見ましょう。
やはりこれは必ずしなければいけない項目です。

いくら外見がキレイでも、ここがダメなのは大問題です。
ガラガラ言うのは危険です。白煙・黒煙にも要注意ですよね。

すこしでも程度のよい、cb400fに出会えるといいですね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。